2017.07.28更新

太りすぎている方は、3食同じ量で適正カロリーを心がけ、体脂肪を減らし、肝臓の負担を減らすことが出来ます。

肝臓には、低脂肪・高タンパク質が理想で、同時にビタミンや食物繊維を豊富に含んでいる野菜や果物を摂ることも大切です。

また、無理のある過酷なダイエットをしたり、リバウンドを繰り返している場合などに、肝臓から脂肪が代謝される際に必要となるタンパク質が不足することで、中性脂肪が排出されずに溜まりだしていくケースもあるので注意する必要があります。

毎日無理のない有酸素運動をとりいれることをおすすめします。

お酒をたくさん飲まれる方は、節酒を心がけましょう。

食事・運動療法を頑張っても、肝機能が改善しない場合は肝臓を保護する内服治療となります。

脂肪肝は自覚症状がないからといって放置しておくと、慢性肝炎や肝硬変、さらに肝臓がんまでいきついてしまうこともあります。

血中GOT、GPT,γ-GTP、もしくは腹部エコーで確認しながら生活習慣に気を付けていきましょう。

flower下総中山から総武線で1本 仁愛堂クリニックです

entryの検索

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら