2018.07.03更新

検査については、胸部エックス線、CTスキャン、血液検査と肺機能検査など、血液検査は肺にどれくらいのダメージがあるか等を間質性肺炎マーカーで調べます。治療はステロイド(副腎皮質ステロイド剤)も多く使用されますが炎症、アレルギーを抑える効果があります。膠原病も隠れている場合もあり、血液検査でも特定できないこともあります。ステロイドは高い効果が得られますが長期間の内服により、副反応も起こりやすいので自己判断で薬は中止せず、指示通りにきちんと通院することが大切です。

 

flower2平井駅徒歩4分。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら