2019.03.09更新

アレルギ―疾患の原因となるアレルゲンを少しずつ「舌下療法」により、投与することでアレルゲンに慣らしていく治療法です

 

「舌下療法」とは?

舌の下に薬液を滴下させ、約2分保持したあと飲み込む方法です。(その後5分間はうがいや飲食を控える必要があります)

「なぜ舌下なの?」

あごの下の左右にある顔に近いリンパ節にエキスが届きやすくなるためです。リンパ節はアレルギー反応に深い関係のある免疫機能をもっています。

 

 

entryの検索

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら