インターネット予約も
ご利用下さい。

24時間受付の内視鏡検査インターネット予約も便利です。ご利用ください。

 

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査では、腸の粘膜をすみずみまで直接観察できるので、小さなポリープなどの病変を見つけることができます。大腸がんの85%は良性のポリープから進展してがんを発症しています。そのため、ポリープを早期に発見して切除することで、大腸がんにならず根治する可能性が高くなるのです。

辛いがん治療を受けないために、早期発見は最大の予防です

食事やライフスタイルが欧米化したことで、大腸がんは日本人の死因の上位にランクインするようになってきています。大腸がんにはとても怖いイメージがありますが、大腸がんのほとんどは、大腸ポリープが大きくなるにつれてがん化したものです。症状のないうちから定期的に大腸内視鏡検査を受けてポリープの段階で発見し、ポリープを切除してしまえば、大腸がんのほとんどは未然に防ぐことができるのです。

大腸内視鏡検査とポリープ切除は、軽い鎮静剤を使用しながらの検査・手術となるため、ウトウトと眠っている間に終了する、とても楽な検査です。大腸はヒダが何層にも重なっているため、ヒダの奥に隠れているポリープなどの発見が難しいのですが、当院では最新機器を導入し、見落としの少ない検査を行っています。

大腸がんは、進行してから発見された場合、手術や抗がん剤というつらい治療が待ち受けています。そうなれば生活への支障も大きくなります。内視鏡にて治療を受けて治すためには、「早期発見」が何より重要ですから、40歳になったら2年に1回は大腸内視鏡検査を受けることを強くおすすめしています。

このような方に検査をおすすめします

明らかな症状がある場合はもちろん検査が必要ですが、ご家族や親戚に大腸がんの患者様がいる場合には、40歳を過ぎたら1回は検査を受けるようにしてください。

またポリープを既に発見されている場合、ポリープが出来やすい体質だと言えますので、最低でも2年に1回は内視鏡検査を受ける必要があります。ポリープができたらすぐに内視鏡で切除することで、大腸がんになる事を未然に防ぎ、健康を守ることができます。

  • 便秘や下痢が続いている
  • 便が細くなった
  • 血便が出た
  • 家族や親戚に大腸がんの方がいる
  • お肉や脂っぽい食事が好き
  • タバコやアルコールを摂取する
  • 40歳以上で1度も検査を受けたことがない
  • お腹がよく張る、よくガスが出る
  • 急に体重が減った

便潜血検査を受けたら安心だと考えるのは危険です

便潜血検査を受けて何年も陰性が続き、1度陽性が出て来院された方が進行がんだったこともあります。

たとえ2回法の便潜血検査であっても、進行がんの10%は陰性、早期がんの50%は陰性と出てしまうという報告もあります。ポリープや早期がんは出血しないケースが多く、また進行がんでも検査をしたその時に出血していなければ陰性になる場合があります。

便潜血検査の結果だけで安心してしまうより、万が一を考えて定期的な大腸カメラ検査を受けるようにしましょう。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

POINT1痛みの少ない挿入方法

当院では鎮静剤の必要がないほど痛みの少ない「無送気軸保持短縮法」を導入しています。これは、腸を傷つけずに内視鏡を腸の奥深くまで挿入する検査手法です。他院の検査で痛みを強く感じて大腸内視鏡検査に不安がある方も、当院の大腸内視鏡検査を受けてその痛みのなさに驚かれています。「無送気軸保持短縮法」は、経験豊富な熟練の技術を持つ医師のみが出来る手技です。

POINT2最新のCMOSイメージセンサーを搭載した内視鏡

従来のCCDカメラに比べてより高画質かつ鮮明に病変を映し出すCMOSイメージセンサーを用いて、より精度が高く見落としにくい検査を実現しています。挿入するファイバースコープもより細くしなやかですから、挿入性と操作性が向上し、患者様への負担がより少ない検査を可能にしています。

また、高画質化だけでなくノイズ低減も実現していますので、FICE画像による腫瘍病変の発見、そして病変部の境界視認に関してもより鮮明に観察可能です。

POINT3従来に比べ飲む量を少なくできる腸管洗浄液

検査前に大量の腸管洗浄液を飲むのが大変という声にお応えし、飲む量が少ない腸内洗浄液「ピコプレップ」もご用意しています。ニフレックやマグコロールPでは、約2リットルを飲む必要がありましたが、ピコプレップはたった150ミリリットルを2回だけです。他は、お好きな水、お茶、スポーツドリンクを飲むことで検査が可能です。ピコプレップは味もオレンジ味で大変飲みやすいですが、ニフレックの方が飲みやすいと言う方には、ニフレックをお選びいただく事も可能です。

POINT4軽い鎮静剤を使用するので、痛みや不快感がほとんどありません

痛みをほとんど感じず身体に優しい「無送気軸保持短縮法」にて検査を行いますが、当院ではさらに軽い鎮静剤も併用しています。ウトウトしている間に検査が終了しますので、「検査が怖い」と感じてしまう方にもおすすめできます。

POINT5コールドポリペクトミーによる出血リスクの少ない即日ポリープ切除で大腸がんを根治!

大腸がんはポリープががん化することで起こることが多いため、ポリープ切除は将来の大腸がんリスクを大幅に減らします。内視鏡のポリープ手術は開腹の必要がなく、お身体に負担をかけません。また、当院では、高周波通電(電気メス)を用いないコールドポリペクトミー(非通電切除)を導入しています。これは電気メスを使わず、表面の薄い層をはがし取るような切除術で、術後の出血といったリスクを軽減します。その安全性の高さから欧米では大腸ポリープ切除において主流になっています。

POINT6炭酸ガス送気でお腹の張りなどの不快感を抑え、更に楽になっています

検査時にヒダのある腸のすみずみまで観察するためには、空気を送り込んでヒダを伸ばす必要があります。当院では、お腹にたまって苦しい空気ではなく、吸収の早い炭酸ガスを送る内視鏡用炭酸ガス送気装置「GW-100」を導入しています。炭酸ガスは空気に比べて約200倍吸収が早いため、お腹の張りがすばやく解消し、不快感を軽減します。また、検査後、おならとして出ていく量も激減します。

当院で行っている大腸内視鏡検査の流れ

予約・来院

大腸内視鏡検査では、事前に下剤を服用していただく必要があります。そのため、1度来院していただいて診察を行い、下剤の飲み方を含む検査の説明の後、検査日を決定いたします。

検査前準備

検査前日は軽めの食事で過ごします。メニューに関してのアドバイスは、ご予約の来院時に行います。
前日の夜と当日朝、ご自宅で下剤を服用します。
当日朝は食事を抜きますが、お水やお茶は飲んで大丈夫です。

検査

ご希望の場合は軽い鎮静剤を使い、検査を行います。

大腸内視鏡の検査時間はわずか15分で、ウトウトしている間に終わります。ただし、腸の癒着が強い方、即日ポリープ切除手術となった場合にはもう少し時間がかかります。

検査終了

ベッドで少しお休みいただき、鎮静剤が覚めたら検査結果をご説明します。これで検査は終了です。

ご帰宅時に軽くふらつくことがありますので、検査当日はお車でのご来院はできません。食事は検査1時間後から食べることが可能になります。

※即日ポリープ切除手術を受けた場合は、検査後、当日はゼリー食、翌日より腹痛、出血がなければ、お粥、うどんなど軟らかい食事からよく噛んで始めます。2~3日は暴飲暴食・アルコールの摂取・激しい運動を控えます。

担当医からのメッセージ

大腸がん予防はしていますか?検査が怖い、周りの人から検査は大変だと聞いて1度も検査を受けていない方がたくさんいらっしゃいます。
私たちは大腸がんの患者さんの診療も行っておりますが、それは検査の比ではない程、大変なことです。検査の重要性や、安全性、そして楽にできる工夫を、1度来院して、説明させて頂ければと思います。また、大腸がんのリスクがあっても忙しくて検査を受けられない。そうしたビジネスパーソンの方にこそ、気軽に検査を受けていただきたいとの思いから、当院では土日の診療や検査を行っています。
2年に1回、数十分の大腸内視鏡検査を受けることは、健康だけでなく、そのままの生活を守るためにも大きく役立ちます。これからも日々の生活を大事にし、そして大切なご家族が安心して過ごせるように、大腸内視鏡検査をおすすめしています。


インターネット予約も
ご利用下さい。

24時間受付の内視鏡検査インターネット予約も便利です。ご利用ください。

 

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら