ピロリ菌

胃がんとピロリ菌
50代以上の約70%が保有していると言われています。

ピロリ菌とは

ピロリ菌は、強酸という環境の胃の中を好む性質があり、経口感染する菌です。主に上下水道が整備されていない時代に飲み水などから感染し、口移しで食べ物を与えるなど母子感染や家族感染で広がったとみられています。そのため、高齢世代に保菌者が多くなっています。ピロリ菌に感染しているかどうかを調べるためには、胃の内視鏡検査で胃の組織を採取することで簡単に調べることができ、確実です。

ピロリ菌が問題なのは、胃壁を傷つけて慢性胃炎や胃がんを引き起こす原因のひとつだとされていることです。「胃の不快感が長期的に続いている」「薬を飲んでも良くならない」という場合には、ピロリ菌を保有している可能性があります。当院では、ピロリ菌感染検査を含めた胃内視鏡検査を行っており、所要時間はわずか5分で不快感や痛みはほとんどありません。症状がある場合には、ぜひ1度ご相談ください。

ピロリ菌と胃がんの関係

胃がんは、慢性的な炎症が胃の細胞を刺激して、変性を起こすことから発生します。この慢性的な炎症の原因として、ピロリ菌が関与していることがわかっています。実際に、ピロリ菌の除菌で胃の病気にかかる確率が大きく減少することが判明しています。つまり、ピロリ菌を除菌することは胃がんを予防することにつながるのです。また、ピロリ菌は経口感染するため、次世代にピロリ菌を感染させないためにも除菌治療は大きな効果を発揮します。

検査方法

胃内視鏡を使って胃の細胞を採取し、検査を行うことでピロリ菌がいるかどうかを確認します。この方法では1度の検査で感染の有無が確認できます。

ピロリ菌の除菌に関して、2013年2月以前は健康保険の適用に制限があり、内視鏡検査で胃がんや胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気が確認された場合のみ適用されていました。現在は、慢性胃炎が確認された時点で適用されるようになっているため、より気軽に検査、除菌治療を受けることができます。

なお、当院では内視鏡以外で行うピロリ菌検査(血液抗体検査、便抗原検査、尿素呼気検査)も行っていますが、そちらは自費診療になっています。

ただし、ピロリ菌除菌による予防効果は、感染初期の方が顕著だというデータもありますので、症状がなくても早めに検査をうけてみることをおすすめします。

除菌方法

ピロリ菌除菌治療は、飲み薬によって行います。

健康保険適用内の治療には「一次治療」と「二次治療」があります。一次治療で除菌できなかった方が、二次治療を受けることになります。どちらも抗菌薬と胃酸を抑える薬を計3種類服用します。
一次治療で効果がなかった場合、違う抗菌薬を使った二次治療になります。お薬は、朝と夕食後に2回、1週間服用します。一次治療の段階で7割~8割、二次治療の段階で9割程度の方が除菌に成功するとされています。ここでも除菌できなかった場合には、三次治療も可能ですが、こちらは自費治療になります。

薬服用の注意点

抗菌薬を飲み忘れたり、途中で服用をやめたりすると、薬に耐性がついたより強力なピロリ菌に変化する可能性があります。せっかく検査と除菌を行っているのに、服用方法を間違えると逆にピロリ菌の除菌を難しくさせてしまうということです。そのため、処方された治療薬は医師の指示に従って、きちんと飲む必要があります。

除菌治療の副作用

除菌治療では、吐き気、腹痛、下痢、味覚障害の副作用が出ることがありますが、これらは一時的で服薬終了後徐々に落ち着いてきます。また、まれですが重篤なアレルギー症状(呼吸困難や全身の湿疹など)が現れる場合があります。その場合は、すぐに医師に連絡し、受診してください。ペニシリン系の抗菌薬が入っており、ペニシリンアレルギーの方は事前にお申し出ください。

まずは1回だけ検査を受けて、胃がんを予防しましょう

気の重い胃内視鏡検査ですが、1回受けるだけでピロリ菌の有無を確認できますし、ピロリ菌が確認されても除菌治療を行えば、その後の再感染はほとんどありません。1回の検査と治療で、ご自分やご家族の胃がんリスクを減らすことができるのです。

当院で行っている胃内視鏡検査は、受けた患者様の多くが「以前受けた苦しい検査が嘘のよう」「思ったより楽で驚いた」という感想を持っていただいています。進行してしまった胃がん治療はつらいものですし、生活やご家族への大きな負担となります。内視鏡検査やピロリ菌検査と除菌治療は、そうしたリスクを少しでも減らすために大きく役立ちます。少しでも多くの方が胃がんと縁遠い健康な生活を送ることができるよう、当院では今後も質の高い胃内視鏡検査を追求していきます。

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら