当院の内視鏡検査

当院の内視鏡検査の特徴

1より苦痛が少ない検査を実現

ストレスなく内視鏡検査を受けていただくために、当院ではきめ細かい配慮を行っています。麻酔薬を使った経鼻内視鏡検査では、極細でしなやかなファイバーを使い、「オエッ」とする神経が豊富な舌の根本に触れずに挿入しますので、胃カメラ特有の不快感がほとんどありません。

また、大腸内視鏡検査では、痛みのない優しい挿入法を使うことで挿入時の痛みを排除し、空気ではなく炭酸ガスで腸を膨らませることでお腹の張りを少なくしています。

2より短時間で精度の高い検査

最新の内視鏡システムを導入することで、高精度の検査を短時間で行えるようにしています。近接での観察性能が高くなっているため、より詳細に観察することが可能です。また、送気・送水性能が向上したことで、レンズに付着した水分が素早く取り除かれますので、より短時間に視界が明瞭になり微細な病変を発見しやすくなっています。

胃カメラはたったの5分、大腸カメラも10~15分です。

3従来は見落とすこともあった微細な病変を発見可能

高画質で鮮明な画像を写すことができるAdvanciaHDを導入し、大腸カメラではメガピクセルCMOSイメージセンサーを搭載することで、通常粘膜と血管の差がより鮮明に観察できます。高精細なCMOSカメラと、「FICE」という内視鏡画像の視認性を向上させる分光画像処理機能システムで、病変の性格や広がりを明瞭に見分けることも可能です。

4大腸ポリープ発見時には検査と同日の内視鏡的ポリープ切除も可能

大腸内視鏡検査を受けてポリープが見つかった場合、別の日を改めて予約して手術をするのは時間的にもご負担が大きいものです。当院では、検査したその日にポリープ切除の日帰り手術を行っています。

5胃カメラと大腸カメラの同日検査も可能

胃と大腸の内視鏡検査を同日に行うことができるので、お忙しい方に時間的なご負担をかけません。土曜日・日曜日の同日検査も行っています。

※胃カメラの場合は当日朝の食事を抜いていらしていただくだけで受けていただけますが、大腸カメラは前日に下剤を飲んでいただく必要があるため、検査日の2日以上前に一度ご来院いただく必要があります。

6経験豊富な医師による検査

内視鏡検査の経験豊富な医師が責任を持って丁寧に検査しています。特に経鼻内視鏡検査は、これまで消化器科の医師が必要とされてきた知識や技術では対応できないものですから、技量によって精度や快適さに大きな差が出てしまいます。
当院では、数多くの検査を行ってきた医師が担当しますのでご安心いただけます。

■平成28年実績
年間2,073例の内視鏡検査(胃カメラ1,252件、大腸カメラ821件)、
279例の大腸ポリープ切除の実績

7大腸内視鏡検査で飲む下剤の量をできるだけ減らしています

腸内がきれいになっていなければ見落としが発生する可能性がありますが、飲む下剤の量が多いのはとても苦しいものです。
当院では、患者様お一人おひとりに合わせて必要最小限の下剤の量を見極めています。また、味の好みでも選べるようにして、よりストレスのない検査を心がけています。

8お腹の張りを素早く解消する炭酸ガス送気システムを導入

内視鏡検査では、胃や大腸を空気で膨らまして粘膜をすみずみまで観察していました。しかし、空気はいつまでもお腹の中に残ってしまい、張って苦しい状態が続き、ガスとして出す気恥ずかしさもありました。
当院では、空気より体内に吸収されるスピードが200倍ほど早い炭酸ガスを使うことで、お腹の張りなどを解消しています。

9洗浄・消毒の徹底

苦しくないこと、精度が高く正確な診断ができることは内視鏡検査においてとても重要なポイントです。そして、もうひとつ、忘れてはならないのが器具の徹底した洗浄と消毒です。
当院では、厚生労働省のガイドラインに則った手洗い・機械洗浄・超音波と3種類の洗浄と消毒を、決められた手順に沿って厳しく行い、ダブルチェックにより安全性を高めています。

10ポリープ切除の出血リスクを下げるコールドポリペクトミー

高周波を用いたこれまでのポリープ切除に比べ、術後の出血や穿孔リスクが少ないコールドポリペクトミー(非通電切除)を導入しています。電気メスを使わず、コールドスネアという特殊なワイヤーを用いて、表面を薄く1枚はぎ取るように粘膜を切除します。
血液がサラサラになる薬を服用している方でも、術後の出血リスクが低いという報告がされているものです。これにより、小さなポリープの切除がより安全に行えるようになっています。

11細くしなやかなスコープで患者様の苦痛をやわらげます

従来よりも、カメラが細くなり、挿入性が向上されたことで、患者様にとって楽な検査ができます。内視鏡自体は細いまま、高画質を実現しているので、正確な診断とともに、患者様の負担が少ない検査をすることが可能です。

12「無送気軸保持短縮法」にて、腸を傷つけずに検査

当院では鎮静剤の必要がないほど痛みの少ない「無送気軸保持短縮法」にて、腸を傷つけずに検査。他院の検査で痛みが強かったという方は、一度当院の検査を受けてみてください。きっと驚くほど痛みが少ないはずです。

13検査した医師が、しっかりご説明します

実際に検査を行っていない医師による説明では、内容が正確に伝わりにくいものです。当院では、詳細な画像をご覧いただきながら、検査した医師が状態をしっかりお伝えしています。

費用

胃内視鏡

1割負担3割負担
胃内視鏡検査のみ 約2,000円 約5,500円
胃内視鏡検査+病理組織検査 約3,000円 約9,000円

大腸内視鏡

 1割負担3割負担
大腸内視鏡検査のみ 約2,500円 約7,000円
大腸内視鏡検査+病理組織検査 約4,000円 約10,000円~14,000円

大腸の内視鏡によるポリープ切除

1割負担3割負担
大腸内視鏡ポリープ切除術 約8,000円 約20,000円~24,000円

※費用はあくまでも目安です。詳細は直接当院までお問い合わせください。

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら