内視鏡検査の豆知識

胃のバリウム検査と内視鏡検査、大腸の便潜血検査と内視鏡検査について、リスクを中心に医師ならではの視点で解説しています。

胃はバリウム検査だけで大丈夫と思っていませんか?

バリウム検査のデメリット

  • 早期がんや食道がんの発見に向かず、見落としが多い
  • 放射線による被ばく量が多い
  • 検査時の膨満感や検査後の便秘や下痢
  • 検査時に頻回に体位変換するために、足腰の弱い方は難しい
  • 再検査になった場合は内視鏡の検査を行わなければならない

バリウム検査は初期の胃がんや食道がんを見落としやすい検査です

会社などで行う検診では、通常、胃のバリウム検査を行います。バリウム検査は、立体である身体を影絵のように平面で見ています。これでわかるのは粘膜の凸凹ですが、初期の胃がんや食道がんには粘膜の凹凸がほとんどなく、微細な色彩変化で発見するしかないため、バリウム検査で初期の胃がんや食道がんを見つけるのはとても難しいのです。また、食道は口から胃までの間にありますから、飲んだバリウムがここに留まることができず食道がんの発見には向いていません。こうしたことから、バリウム検査では胃がんや食道がんがかなり進行した状態で見つかり、開腹手術や抗がん剤治療などが必要になるケースが多いのです。

胃がんは特に早期発見が重要な病気です。内視鏡であれば、粘膜の状態を直接観察できるため、微細な凹凸や色彩変化をしっかり見つけることができますし、最新機器では照射する光を変えて画像処理を行うことでごく初期の病変をより見つけやすくなっています。こうした段階で発見できれば、ほとんどの場合、内視鏡だけで病変を取り除くことができますし、完治する可能性も高く、日常生活への復帰もしやすいのです。

胃バリウム検査は胸部X線写真の150~300倍もの被ばく量

さらに、バリウム検査では放射線を照射するレントゲン撮影を行いますので、被ばくというリスクもあります。特に、胃バリウム検査は被ばく量が多い検査です。胸部X線写真は1回の被ばく量が0.1mSyですが、胃バリウム検査は15~25mSyもの被ばく量にもなります。
さらに検診車などで行う間接撮影では小さな画像しか得られないため20~30mSyもの被ばく量になります。胃バリウム検査が胸部X線写真の150~300倍もの被ばく量があることは、案外知られていません。

放射線はDNAを損傷する作用を持ち、蓄積性があるやっかいな相手です。傷ついたDNAが原因で“発がん”が起こるためには1回の被ばく量が50~200mSyと言われていますので、1回胃バリウム検査を受けたから発がんすることは考えられませんが、毎年受けていると蓄積されていつか発がんに結び付く可能性はゼロではありません。
イギリスで行われた15ヶ国を対象とした調査の結果、75歳までにがんになる日本人の3.2%が放射線診断による被ばくに誘発されているというデータがあり、他国に比べ最も多い数字だったと報告されています。
医療被ばくは、それを上回るメリットがあってこそ意味があります。内視鏡検査に比べて精度が劣り、早期がんを発見しにくいことも考えると、被ばく量の多い胃バリウム検査は決しておすすめできる検査とは言えないのです。

バリウムを飲むことや排出でつらい思いをしていませんか?

どろりとしたボンドのようなバリウムを飲むのに苦労する方は多いと思います。飲んだ後も、お腹が張るだけでなく、確実に排出されるよう強い下剤が入っているので、その作用に苦しい思いをする場合もあります。また便秘がちで下剤が効きにくい場合には、なかなか排出されないこともあります。このように、バリウム検査は日常生活への影響が案外大きいものなのです。

大腸がん検査は便潜血検査だけで十分だと誤解していませんか?

便潜血検査のデメリット

  • 早期大腸がんやポリープの発見には向いてなく、陰性でも安心できない。
  • 痔など、がん以外の他の病気で陽性になる事が多い。
  • 陽性になった場合、内視鏡での精密検査となる。

早期発見が難しい

一般的な検診で行われている大腸がん検査は、便潜血検査です。大腸がんや大腸ポリープで便潜血が陽性になるのは、便が大腸がんやポリープに引っかかって出血を起こしている場合です。初期の小さいがんやポリープでは便が引っかかって出血する可能性がきわめて低いため、発見が難しくなっています。便潜血検査は、簡単に検査できるので安価に大量の検査を行うためには有効ですが、早期の大腸がんや大腸ポリープを見つけることはかなり難しいのです。

進行した大腸がんでも陽性にならないことも

便潜血検査は、かなり進行した大腸がんでも便潜血が陽性にならないこともよくあります。特に小腸に近い部分の大腸にある便は水分を多く含んでいるため、ここにがんやポリープがあっても便がそれに引っかかって擦れるということがなく、出血しないので陽性になりません。

便潜血で陽性が出た場合、ほとんどが自覚症状のない痔が原因

便潜血検査で陽性になって内視鏡による検査を受けた場合、大腸にがんやポリープがなく、自覚症状のない内痔核による出血だったというケースはとても多いものです。便潜血検査が陽性になったら内視鏡検査を受けることはとても重要ですが、大腸がんやポリープ発見にはあまり役立ってないことがよくわかると思います。

怖い大腸がんを内視鏡検査による早期発見で予防できます

大腸がんは症状が出にくいがんであり、自覚症状が現れた時には症状が進んでしまっていることが多い病気です。食生活の欧米化などにより増え続け、現在では女性のがん死因の第1位、男性のがん死因の第3位となっています。このまま推移したら、2020年には男女とも、がん死因の第1位になるとも言われています。

こうしたことから大腸がんには怖いイメージがあると思いますが、大腸がんは早期発見と治療により、日常生活にほとんど影響を及ぼすことなく完治できる病気です。大腸がんは直接粘膜を観察できる内視鏡検査であれば早期発見と治療が可能ですし、大腸がんのほとんどはポリープが原因になっているため、ポリープの段階で切除できれば効果的な予防になります。

つらくない楽な内視鏡検査で大腸がん予防

当院では、内視鏡検査前に飲む下剤の量を抑え、炭酸ガスを使うことでお腹の張りを軽減し、ご希望があれば軽い鎮静剤を使ってウトウトしている間に検査を受けられるようにしています。また、検査手法も腸に極力負担をかけない手技で内視鏡を挿入し、経験豊富な医師が丁寧に検査しています。また、当院で導入している内視鏡機器は、光を変えてごく軽い病変を見つけやすくする最新のシステムを搭載しています。また、ポリープが見つかった場合も同日に日帰りで切除できます。手術の際には、コールドポリペクトミーによる出血・穿孔リスクの少ない方法も採用しています。

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら