2017.12.14更新

アルコール性肝炎の治療は禁酒です。薬を使ってもお酒を飲んでいたら意味がありません。

同時に食生活の見直しも大事になります。

適正なエネルギーの摂取とバランスの良い食事、脂肪は減らしましょう。

そして、十分な運動や早寝早起きと十分な睡眠など規則正しい生活を心がけましょう。 

       ✿幕張本郷から総武本線で1本 仁愛堂クリニック✿

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.13更新

アルコール性肝炎の予防にはもちろん、節酒・禁酒が大切です。

自分が二日酔いや悪酔いしない量を把握して、適量以上飲まないようにしましょう。

また、アルコールの代謝に欠かせない、たんぱく質やビタミン・ミネラル類(とくに亜鉛)や水分を補給しながら、ゆっくり楽しみましょう。

おつまみに豆腐料理や枝豆、野菜・果物、ナッツ類もおすすめです。ただし、カロリーオーバーには気をつけてくださいね。

肝臓は再生力のある臓器だと言われています。週に2日以上は「休肝日」をつくるとよいでしょう。また、適宜採血検査をして肝機能に気を配りましょう。

      ✿鼻からの楽な内視鏡検査 仁愛堂クリニック✿

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.12更新

大量のアルコール摂取(例えば男性では日本酒換算で3合を毎日、5年以上と言われていますが、個人差があります)を続けるとアルコール性肝炎を発症する可能性があります。

アルコールの多飲により、アルコールの代謝が優先されて脂肪の処理が後回しになると、肝細胞に脂肪が蓄積するようになり、肝臓に炎症・変性・壊死、線維化が起こり、慢性肝炎や肝硬変となります。肝硬変になると黄疸、腹水の貯留、胃食道静脈瘤の出血、肝がんのリスクの上昇などが起きます。

自分にとっての適量を知り、お酒は飲み過ぎないようにしましょう。

flower2東京で胃カメラ・大腸カメラ受けるなら 仁愛堂クリニック

 

   

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら