2017.12.30更新

ストレス、辛い食事、暴飲暴食、脂もの、肥満や猫背は胸焼けを悪化させます。コーヒーなどのカフェインは胃酸の分泌を促進するとともに胃と食道の境目の逆流防止機構の働きを弱め、胸焼けを悪化させるので避けた方が良いでしょう。食後すぐに横になる事も胃内容物の逆流をきたします。

軽度の食道裂孔ヘルニアなら、上記に注意することと胃酸を抑える内服で加療します。症状が非常に強い場合や臓器の突出がひどい場合は手術が必要となります。

flower2東中野から総武線で1本 仁愛堂クリニック

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.29更新

 食道裂孔ヘルニアの症状は胃に入っている空気、胃酸や胃内容物が食道に戻ってしまうことによっておきます。主なものは胸焼け、げっぷ、灼熱感、胸のつっかえ感、嚥下障害などです。

flower2大久保から総武線で1本 仁愛堂クリニック

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.12.28更新

胸腔と腹腔を仕切る膜(横隔膜)を食道が貫く穴を食道裂孔と呼び、胃と食道の境をきゅっと絞めて胃内容物の食道への逆流をふせいでいます。この食道裂孔から胃の一部が腹腔から胸腔にとびだしている状態を食道裂孔ヘルニアと言います。

原因は主に3つに分けられます。食道裂孔が生まれつき緩い、または広めな場合に食道裂孔ヘルニアを発症する可能性があります。また、加齢にともない横隔膜が緩むことで食道裂孔も緩み、それが食道裂孔ヘルニアの原因になる事があります。咳やくしゃみで腹圧が慢性的に上がり、胃が下から上に押し上げられることでもヘルニアを起こします。

flower2三鷹から電車で1本 仁愛堂クリニック

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら