2018.01.14更新

食道アカラシアの治療には薬物療法(カルシウム拮抗薬、血管拡張薬など)、内視鏡治療、外科的手術があります。

カルシウム拮抗薬や血管拡張薬は下部食道括約筋の緊張を緩め、通りをよくします。内視鏡治療には、食道の狭い部分をバルーンを入れて広げる方法と、内視鏡下で下部食道括約筋を切ってしまう方法があります。アカラシアの患者さんは症状が出ない様に、食事は早食いせずにゆっくり噛んで食べ、食後にはすぐ横にならないようにしましょう。

 

flower2上野、浅草方面からもバスが出ています。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.01.13更新

食道アカラシアの症状は主に嚥下困難などの飲み込みづらい感じ、つかえ感、嘔吐などの症状が出てきます。ほかに嚥下時に胸の痛みが起こることもあります。

 

flower2平井操車場からバスが出ています。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.01.12更新

胃と食道のつなぎ目には下部食道括約筋と呼ばれる仕組みがあります。食道から食べ物が流れてきたときは弛緩して胃に食べ物を通しますが、逆に胃内容物が食道に逆流しない様に働いています。

食道アカラシアはこの下部食道括約筋がうまく弛緩しなくなることによりおきます。食べ物が流れてきても胃に入りにくくなり、食べたものが食道にとどまってしまうようになります。絶えず食道に食べ物がたまっている為、食道は拡張してふくらんできてしまいます。

 

flower2上野、浅草方面からもバスで来れます。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら