2018.01.28更新

胃アニサキス症の治療は、内視鏡を使って虫体を摘出すれば痛みはなくなります。腸アニサキス症で腸重積や腸閉塞などをきたした場合は手術が必要になる事もあります。

アニサキスは体内で1週間程度で死滅してしまうので摘出できない場合は対症療法として、鎮痛剤や点滴で補液する方法があります。

一番の予防は魚介類の生食を避け、加熱調理や冷凍してから調理することで死滅します。

 

flower2御茶ノ水、水道橋方面からも総武線乗り換えなしで来れます。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.01.27更新

胃アニサキス症の症状は激しい胃の痛み、上腹部痛などの強い痛みです。痛みは非常に強く吐き気や嘔吐することもありますが、食中毒と違い下痢が無いのが特徴です。この症状は胃に食いついたアニサキスに対するアレルギー反応で生じていると言われ、1回目にアニサキスを摂取したときには症状は無く、2回目以降の摂取で症状がでると言われます。

また頻度は少ないですが、腸アニサキス症では腸重積や腸閉塞などの症状をきたす場合があります。

 

flower2両国、浅草橋からも総武線ですぐです。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.01.26更新

アニサキス症は、魚などに寄生している寄生虫の一種であるアニサキスを口から摂取することにより生じます。主にサバやイカなどを加熱・冷凍処理せず刺身等、生で食べることで起きます。酢やワサビなどではアニサキスは死なないので、しめさばも原因になります。刺身の中でもイカ、サバ、サーモン、アジ、サンマなどが多く、白身の魚では頻度は少ないですがゼロではないので注意が必要です。

 

flower2錦糸町方面からも総武線ですぐです。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら