2019.06.24更新

初期はほとんど症状がありません。

進行してくると肌や白目の色が黄色くなり黄疸になる、胆汁が腸に流れなくなるので便が白くなる、尿にビリルビン(赤血球から出る老廃物のようなもの)が排泄されることにより尿の色が茶色っぽくなる(濃くなる)、胆汁酸が血中に流れ出し皮膚がかゆくなるといった症状があります。

 その他にも、右わき腹やみぞおちに痛みを感じたり、吐き気、体重減少、細菌感染による発熱などがあります。

flower2土日も、午前中診療しております。仁愛堂クリニックです。

2019.06.17更新

原因としましては、特に胆石(胆嚢結石、胆管結石)があると大きなリスク要因と言われていて、胆嚢結石がある人の約6%、胆管結石がある人の約10%にがんができるとされていて。胆嚢癌に関しては、罹患者の約60%に胆石の併発が見られ、胆石がない人と比較すると胆道がんにかかるリスクは10倍以上ともいわれています。

flower2超音波検査もおこなっています。仁愛堂クリニックです。

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら