2018.09.03更新

ポリープは種類によって治療方針が異なります。

完全に良性のポリープの場合は定期的に内視鏡を行って経過観察を行う事となります。出血の原因になったり、胃の出口をふさいだり、症状がなければ基本的には治療の適応とはなりません。

ピロリ菌に伴うポリープは、ピロリ菌の除菌をすると小さくなって消失する場合もありますので、除菌を試みます。また、出血の原因になったり、がんになったりする可能性もあるので、大きめのものでは切除も行われます。

腺腫は小さなものでは経過観察とされることが多いですが、拡大傾向にあったり、癌化が疑われるものは切除の対象となります。

癌は切除が基本です。

flower2仁愛堂クリニックです。

2018.09.02更新

胃ポリープができても、自覚症状はほとんどありません。ごくたまに、ポリープから出血が持続すると真っ黒なタール状の便が出ることがありますが、頻度は多くはありません。また、胃の出口にできたポリープが大きくなると、出口の穴をふさいでしまうことがありますが、これも稀です。

仮に、1cmの大きさのポリープがあり、これが胃癌であったとしてもほとんど症状はありません。

健診のバリウムなどで指摘され、ポリープが気になる方は一度胃カメラを受けてみる事をお薦めします。

 

flower2錦糸町から二駅です。仁愛堂クリニックです。

2018.09.01更新

消化管粘膜の細胞が増殖して消化管の内腔側にとび出たものをポリープと言います。したがって、ポリープには良性も悪性も全て含まれています。

したがって胃ポリープの原因も、薬などが誘因となって細胞が増えてしまいポリープをつるくものや、ピロリ菌などの炎症に対して粘膜を治そうとして細胞が増えた結果ポリープとなったもの、遺伝子異常で細胞増殖がおきポリープとなったものなど様々なものがあります。

flower2土日も午前診療おこなっています。仁愛堂クリニックです。

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら