2019.03.13更新

高血圧、糖尿病、肥満、塩分のとりすぎは腎臓に負担をかけます。

これらを避けるためにバランスのよい食生活やうす味をこころがけ、適度な運動を習慣つけましょう。

高血圧、糖尿病の管理も重要です。また、かぜや扁桃炎などがきっかけで急性腎炎が発症し、慢性腎炎に移行するケースもあります。

十分な睡眠や禁煙、節酒を心がけましょう。

flower2新検見川から総武線で1本 仁愛堂クリニックflower2

 

2019.03.12更新

糖尿病や高血圧など原因があるものはコントロールしていくことが大切です。

慢性腎炎の進行を遅らせるために利尿剤、場合によってはステロイド・免疫抑制剤を使ったり、血中カリウム値の上昇を抑えるためのカリウム吸着薬、腎性貧血の治療にエリスロポエチン製剤などで治療していきます。

また、カロリーや塩分・水分・たんぱく質の制限も必要になってきます。

腎不全になると週2,3回、4時間ほどの時間が透析療法にかかります。

費用は保険が適応されます。

適切な治療をして腎不全への進行を遅らせましょう。

flower2幕張本郷から総武線で1本 仁愛堂クリニックflower2

 

 

 

 

 

 

2019.03.11更新

腎不全の原因で最も多いのが、糖尿病です。

高血糖状態が続くことにより腎臓の血管が傷つき腎臓の働きが悪くなります。

高血圧も長期間放置すると腎臓に負担がかかり、腎不全に至ります。

慢性糸球体腎炎は、慢性的(1年以上)にたんぱく尿と血尿が続き、免疫異常が関与していると言われています。

慢性腎不全は進行するまで症状がなく、一度失われた腎臓の機能が回復することはほとんどありません。

定期的な蛋白尿の検査や腎機能検査を受けましょう。

flower2東船橋から総武線で1本 仁愛堂クリニックflower2

 

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら