2018.07.03更新

検査については、胸部エックス線、CTスキャン、血液検査と肺機能検査など、血液検査は肺にどれくらいのダメージがあるか等を間質性肺炎マーカーで調べます。治療はステロイド(副腎皮質ステロイド剤)も多く使用されますが炎症、アレルギーを抑える効果があります。膠原病も隠れている場合もあり、血液検査でも特定できないこともあります。ステロイドは高い効果が得られますが長期間の内服により、副反応も起こりやすいので自己判断で薬は中止せず、指示通りにきちんと通院することが大切です。

 

flower2平井駅徒歩4分。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.02更新

間質性肺炎の主な症状は空咳、息切れ、呼吸困難です。どんどん症状が進むと日常生活でも息が切れたりと支障が出てきます。急激に症状が進むことは少なく、年単位でゆっくりと悪化してくることが多いです。間質性肺炎は炎症により肺が固くなり、肺が十分に膨らまなくなります。ふくらみが不十分だと酸素が取り込まれにくくなるため息切れの症状につながります。

 

flower2両国、錦糸町からも総武線ですぐです。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.01更新

間質性肺炎は一般的な肺炎がおきる炎症の部位(肺胞)とは違い、間質と言われるうすい肺の壁に炎症が起きた状態です。細菌やウイルスが原因のものと違い、原因不明なことも多く特定できるものは全体の半分以下と言われています。膠原病、粉塵、ペット、喫煙、薬(鎮痛剤、抗がん剤)が原因となることもあります。

 

flower2墨田区からもバスが出ています。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら