2018.03.15更新

胃がんの根本的な治療は切除です。ごくごく初期のものであれば胃内視鏡での治療が可能な場合もありますが、外科的手術で治癒が望めるものは切除することがもっとも効果的な治療法とされています。手術の方法と切除範囲は、がんのある部位、進行度やリンパ節転移の有無によって決定し、癌の進行具合によっては術前や術後に抗がん剤などを使用する事もあります。

ただし、胃を切除してしまうと消化吸収が上手くいかなかったり、鉄分やカルシウムが吸収されにくくなってしまうので、鉄剤やビタミンD等が処方されることもあります。内視鏡で切除できるうちに胃癌を発見・治療した方が体の負担は軽いですので、特にピロリ菌陽性や除菌後の方は定期的に胃内視鏡を受けることをお勧めします。

flower2定期的に内視鏡検査を受けましょう。仁愛堂クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.03.14更新

ごく早期の胃癌に自覚症状はほとんどありません。内視鏡で見ても胃炎と区別がつきにくい程度の小さなものもあります。進行するにしたがって胃のもたれや痛みなどが出る場合もありますが、かなり進行するまで症状に乏しいことも珍しくありません。局所の症状としては胃のもたれ、痛み、つまり感、食欲低下などが、癌から出血すると貧血や黒色便などが、かなり進行すると体重減少、倦怠感、腹水などがみられます。無症状や軽い症状である期間が長く放置しておくと手遅れになりがちですので、何らかの症状がある場合は、特にピロリ菌がいる人や過去に除菌歴のある人は胃の内視鏡検査を受ける事が重要です。

flower2内視鏡検査実施しております。仁愛堂クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.03.13更新

胃癌の発生原因には様々なものが考えられています。例えば、喫煙や飲酒、塩分の濃い食事、野菜果物の摂取不足などが危険度を高めると指摘されています。しかし、近年最も注目されているのはピロリ菌の存在です。ピロリ菌は胃内に住み着く細菌で、これが存在すると胃粘膜に慢性炎症が引き起こされ、内視鏡的には萎縮性胃炎という状態になります。この状態が長く持続すると癌の発生率が上昇するとされています。

flower2経鼻からの内視鏡検査おこなっております。仁愛堂クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら