2017.11.30更新

クローン病は全消化管に潰瘍ができる病気で原因ははっきりしておらず、国の難病特定疾患になります。免疫機能の異常、生活習慣や食生活の欧米化などによるものが一因と考えられています。腸内細菌の善玉菌の減少、喫煙、ジャンクフードなどの摂取、精神的ストレスなどにより引き起こされると言われています。

 

flower2浅草、上野方面からもバスが出ています。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.29更新

肝血管腫は一般的に無症状で治療の必要もありません。しかし、まれですが巨大化して圧迫症状をきたしたり、血液凝固能の異常をきたしたり、ごくまれに破裂するものもあります。腹部エコーで大きさ性状の変化を確認していきましょう。また、肝がんとの鑑別が難しい場合にはCTやMRIが有用です。まれですが、巨大化して症状をきたすようになった場合は手術で切除されます。

flower2西荻窪から総武線で一本 仁愛堂クリニック

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.28更新

 肝臓は血管の豊富な臓器なので、血管の一部が腫瘤のように発育することがあり、肝血管腫と呼ばれます。肝臓にできる良性腫瘍のなかで一番多くみられ、定期健診などの腹部エコーで偶然見つかります。血液検査で肝機能に異常がみられず、定期検査で急激に大きくなることがなければ、特に治療の必要のない良性腫瘍です。

 flower2中野から総武線で1本 仁愛堂クリニック

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.27更新

まず内視鏡を用いて食道、胃、十二指腸を観察します。マロリーワイス症候群の傷口が小さく出血が少なければ禁食、胃酸を抑えるプロトンポンプインヒビターや粘膜保護剤で保存的に加療します。出血が止まらなかったり傷口が大きい場合は、内視鏡的にクリップで粘膜を寄せ合わせて出血を止めたり、電気焼灼術や止血剤を散布して止血します。裂傷が非常に大きく、内視鏡的に治療が出来ないものであれば外科的手術で裂傷部分を縫合します。アルコールの多飲を避け、便秘を予防しましょう。

 

flower2錦糸町からも近いです。仁愛堂クリニックです。

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.26更新

マロリーワイス症候群の症状は、繰り返しの嘔吐反射の後におこる突然の吐血です。初回の嘔吐の時には吐血せず、嘔吐を繰り返すうちに吐血を伴うようになることもあります。ときには大出血になることもあるため注意が必要です。診断には胃内視鏡が有用です。

flower2松江からバスで1本 仁愛堂クリニック

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2017.11.25更新

繰り返し嘔吐したりすると、胃と食道の境目の粘膜が縦方向に裂けて出血し、吐血します。嘔吐の原因としてはアルコールの飲み過ぎが多くを占めますが、その他の原因として胃腸炎、乗物酔、暴飲暴食による嘔吐でもおこります。

flower2京葉交差点からバスで1本 仁愛堂クリニック

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら