2018.07.07更新

初期の食道がんは、ほとんど症状がありません。しかし、徐々に進行してくると、飲み込む時に違和感があったり、胸の奥がちくちく痛むことがあります。また、熱いものを飲んだ時に、しみるように感じることもあります。このような症状は、出たり出なかったりで、つい放置してしまいがちになります。その後がんが進行してくると食道が狭くなるので、たべものを飲み込んだ時に、つかえるような感じを受けるようになっていきます。さらに癌が非常に大きくなると、咳、痛み、血痰などが認められる様になります。

flower2 胃内視鏡ドックもおこなっております。仁愛堂クリニックです。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.07更新

がんの進行とステージによって治療は異なりますが、①外科治療②内視鏡的切除③放射線治療④化学療法(抗がん剤治療)があります。

非常に早期の食道癌ならば内視鏡切除で切除が可能ですが、やや進行したものでは外科治療、放射線治療、化学療法を組み合わせたりして治療を行います。進行著しく手術が出来ないものでは放射線療法、化学療法や症状に応じた対症療法での治療が行われます。

食道癌は大腸癌などと比べると、早期からリンパ節転移などをおこし予後の悪い癌です。軽い自覚症状を放置せずに、早めに検査を受けるようにしましょう。

flower2早期発見が重要です。仁愛堂クリニック。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.05更新

大腸がんの治療は切除できるものは切除するのが基本です。早期の癌であれば内視鏡を使って切除できる場合がありますが、大きくなっている場合は手術(外科治療)が必要となります。癌の進行具合によっては術前や術後に抗がん剤などを併用する場合があります。大腸がんは症状がでにくいため、発見時には進行していることもあります。定期的に健康診断や人間ドックを受け、内視鏡で治療が出来るうちに発見・治療をすることをおすすめします。

flower2亀戸から総武線にて一駅です。仁愛堂クリニック。

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.03更新

検査については、胸部エックス線、CTスキャン、血液検査と肺機能検査など、血液検査は肺にどれくらいのダメージがあるか等を間質性肺炎マーカーで調べます。治療はステロイド(副腎皮質ステロイド剤)も多く使用されますが炎症、アレルギーを抑える効果があります。膠原病も隠れている場合もあり、血液検査でも特定できないこともあります。ステロイドは高い効果が得られますが長期間の内服により、副反応も起こりやすいので自己判断で薬は中止せず、指示通りにきちんと通院することが大切です。

 

flower2平井駅徒歩4分。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.02更新

大腸癌は日本では増加傾向にあり、その原因とされるものは多数ありますが主に食生活の欧米化が影響していると言われています。例えば肉や脂質の多い食事があげられます。肉類は胆汁酸の産生増加をきたすことや、加熱された動物性タンパク質から発がん性物質が生成されると言われています。また、運動不足、肥満、便秘などで腸管の動きが緩慢になると、便中の発がん性物質が腸管内に停滞する時間が長くなり癌のリスクが上昇すると言われています。多量の飲酒や喫煙もリスクを上昇させるとの報告もあります。

一方、野菜、果物など食物繊維の多い食事や、運動、NSAIDsの投与などは癌のリスクを低下させると言われています。また、特殊な癌に家族性大腸腺腫症やリンチ症候群など、遺伝的理由で癌が発生する場合もあります。

 

flower2秋葉原方面からも総武線で1本。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.02更新

間質性肺炎の主な症状は空咳、息切れ、呼吸困難です。どんどん症状が進むと日常生活でも息が切れたりと支障が出てきます。急激に症状が進むことは少なく、年単位でゆっくりと悪化してくることが多いです。間質性肺炎は炎症により肺が固くなり、肺が十分に膨らまなくなります。ふくらみが不十分だと酸素が取り込まれにくくなるため息切れの症状につながります。

 

flower2両国、錦糸町からも総武線ですぐです。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.02更新

ごく早期の大腸癌の症状は、ほとんどありません。1~2cm程度に癌が大きくなってきてもあまり症状は出ません。さらに大きくなって進行癌となってくると便秘、下痢、血便、便が細い、お腹が張る、腹痛などが出てくる場合もありますが、病変の部位によっては大腸が狭くなってしまうまで気付かれない場合もあります。

このように大腸癌は早期だと自覚症状が出ないことも多いので、症状が無くても40歳以上の方は大腸癌検診を受けるようおすすめします。検診で行われるのは簡単にできる便潜血検査で、便中のごく少量の出血の有無を判別する方法です。陽性の場合は大腸内視鏡を行い、実際に観察してがんやポリープなどの有無を検査します。便潜血検査と大腸内視鏡は当院でも検査できますので、心配な症状がある、40歳以上、癌家系であるなどの方は定期的に検査を受けましょう。

 

flower2内視鏡検査土日もやってます。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

2018.07.01更新

間質性肺炎は一般的な肺炎がおきる炎症の部位(肺胞)とは違い、間質と言われるうすい肺の壁に炎症が起きた状態です。細菌やウイルスが原因のものと違い、原因不明なことも多く特定できるものは全体の半分以下と言われています。膠原病、粉塵、ペット、喫煙、薬(鎮痛剤、抗がん剤)が原因となることもあります。

 

flower2墨田区からもバスが出ています。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 医療法人社団俊爽会

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:03-3613-5548 お電話でのお問い合わせはこちら