2019.06.10更新

気管支拡張症の治療は内服治療、吸入療法、膿様の痰がたまりやすいので排痰を促す器具などを使います。感染がある場合には抗菌薬が投与されたり気管支拡張薬を使って気管支を広げ十分に酸素を取り込めるようにします。血痰が続いたり、喀血が見られる場合には、気管支動脈塞栓術、内視鏡的止血術や、外科的切除術も考えられます。

 

flower2平井操車場からもバスが出ています。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.06.03更新

気管支拡張症の主な症状は長引く咳、痰、血痰、発熱、体重減少、疲労感などの症状があります。時に呼吸困難を起こすこともあるようです。肺がんと似ている症状と思いますが軽視できない疾患です。

 

flower2上野、浅草方面からバスが出ています。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

2019.05.27更新

気管支拡張症は気管支の一部分が拡張し、拡張した部分に分泌液が溜まってしまい炎症を起こします。もともと生まれつきの異常、幼少期のころの百日咳、肺炎などによるもので起こります。

 

flower2千葉方面からも総武線で1本。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

2019.05.20更新

腎臓癌の症状は主に血尿です。最初は見ても分からないくらいの微量ですがだんだん進行していくと真っ赤な血尿が出ます。痛みはあまりないですが鈍い痛みが出ることもあります。そして腹部のしこりがふれます。脇腹あたりを注意してさわってみましょう。早期発見であれば完治する可能性は高いので少しでも気になる症状があれば早めに受診しましょう。定期的な腹部超音波検査も有効です。

 

flower2超音波検査で早期発見。仁愛堂クリニックです。

 

2019.05.13更新

腎臓癌の原因は人工透析を受けている方や糖尿病がある方はリスクが高いとされています。喫煙、強いストレスなどにより免疫が低下したり、肥満、高血圧などでもリスクが上がります。また、遺伝子異常や家系に腎臓癌に罹患したことのある方も注意が必要です。

 

flower2生活習慣病もご相談下さい。仁愛堂クリニックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.05.06更新

「エクオール」は大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、
腸内細菌の力を借り、変換されることで生まれます。

40代以降の女性の健康と美容のために摂ってほしいエクオール目安量は1日10mg。

エクエルは安全性・有効性が確認されている健康食品です。

flower2平井、蔵前橋通りから入ってすぐ 仁愛堂クリニック

2019.04.29更新

消化管の壁が消化管の外側に突出してできた小さな袋を憩室と呼びます。

胃に出来ることは稀ですが、できる場合は穹窿部という胃の入り口に近い部位に出来やすく、胃カメラで観察すると落とし穴のようにポッコリとへこんでいます。

特に治療の必要はありません。

2019.04.22更新

空気中の病原菌は、鼻やのど、扁桃腺に付着することがほとんどで、扁桃腺に付着した病原菌が増殖すると炎症を起こします。これが扁桃腺が腫れる原因で、多くの場合は発熱を伴います。病原菌を増殖させる原因は、風邪や疲労、ストレスによる免疫力低下、のどの乾燥や急激な気温の変化などさまざまです。特に、子どもの発熱はウイルス感染によるものが多く、高熱になることもしばしば。しかし、免疫反応によるものが多いため、ほとんど問題はありません。発熱よりも咳や扁桃腺の腫れなどの症状にはより注意して下さい。

2019.04.15更新

ではここから内視鏡検査に入ります。検査のために左下になるようにベッドに横になります。鼻から、もしくは口からカメラを挿入していきます。カメラを入れてるときは力を抜いて深呼吸しましょう!食道→胃→十二指腸までカメラを入れて引きながら観察してきます。その際胃に空気を入れて胃を広げて細かい部分を観察しますのでゲップをしたくなりますがなるべく我慢していただくと短時間で検査も終わりますよ。鎮静剤を使用されてる方は眠っていて意識もぼんやりしていますのでわからないまま検査が終わってるかと思います。あっという間ですね。その間に炎症部分やポリープなどの病理組織検査をしていきます。ピロリ菌の検査もできます。検査時間は大体5分~10分程度で終わってしまう検査なので、検査が怖い方や、不安に思っている方は一度ご相談ください。

 

✿鎮静剤使いながら内視鏡検査できます。仁愛堂クリニックです。

2019.04.08更新

胃内視鏡検査の流れについてお話していきます。まず胃の中の泡を消して細かい部位を観察するために消泡剤を飲んでいただきます。(おいしくないのでグイっと飲んでください(笑))次に鼻にカメラが通る際の出血を防ぐための止血剤と鼻の通りをよくする作用のお薬を両鼻にスプレーします。その後、ゼリー状の局所麻酔薬をお鼻に入れていきます。最後に細いスティックを鼻に挿入し、慣らしていきます。これで胃カメラの前処置はおしまいです。鎮静剤ご希望の方は点滴を入れている状態ですが、この時点ではまだ眠くなるお薬は入っていませんので眠くないです。鎮静剤のお薬は検査の直前に入れていきます。

 

✿内視鏡検査は当院にお任せください。仁愛堂クリニックです。

 

 

前へ 前へ

entryの検索

カテゴリ

仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:0120-905-728 お電話でのお問い合わせはこちら 内視鏡検査専用TEL:0120-905-728
仁愛堂クリニック 診療時間 TEL:0120-905-728 お電話でのお問い合わせはこちら 内視鏡検査専用TEL:0120-905-728